Entries

【昔NBAカードのHPやってました】(第3回) グラント・ヒルのインサートとリフラクター

昔、祖師谷大飯店というHPを開設してNBAカードを集めていました。その当時を振り返ります。
----------------

前回は最初にKJのレギュラーを集めて雑居ビル巡り(ショップ巡り)をしていた事を書きました。今回はインサートです。1996-97当時、オート/実使用/ナンバリングは主流でありませんでした。オートでSkyBox Autograhicはありましたが、オッズも厳しかったのでみんなインサートを集めていました。

KJはセミスターなので安いのは助かるのですが、インサートの種類が少ないのが難点です。そこでインサートを集める選手とし白羽の矢がたったのが、当時のスーパースターであるグラント・ヒルでした。最初の頃にパック買いした95-96 SkyBoxで、Close-upのヒルを引いたのがきっかけです。

2014-05-31 214008



(上段左から)
1995-96 SkyBox Close-up 
最初に引いたヒル

1997-98 Hoops High Voltage 500 
グルグルでピカピカ

1998-99 SkyBox Premium That's Jam 
ジャムのパッケージ調

1998-99 E-X Century Dunk'N Go-Nuts
ダンキンドーナツ?

1996-97 E-X2000 Net Assets
精巧なネットの形のダイカット

1998-99 Fleer Electrifying
雲母のような加工

あとインサートで特に好きだったのはリフラクターです。初期のリフは色落ちするのが残念です。

2014-05-31 215914


(上段左から)
1996-97 Finest Silver Refractor
Grant Hill

1997-98 Finest Silver Refractor
Grant Hill

1996-97 Stadium Club Class Acts Atomic Refractor
Grant Hill/C.Laettner

1993-94 Finest Refractor
Kevin Johnson

1996-97 Finest Refractor
Steve Nash RC

1997-98 Bowman's Best Mirror Image Atomic Refractor
G.Hill/Mcgrady/Rahim/Garnett


その他セットコンプリしたインサート
96-97 Flair Showcase Class of '96
97-98 Topps Rock Stars
97-98 Topps Season's Best

手の込んだ加工のデザインが良いインサートが多い時代でした。Big Men On Courtなんかは今でも欲しいのですが、当時の高オッズインサートは高騰したようで、eBayでも手が出ません。

グラント・ヒルの収集は1999年までやっていました。そんなヒルがサンズに移籍するとは思いませんでした(2007年)。サンズでの5年間でヒルは「尊敬する人」にまで到達しています。ヒルの「サンズユニのオート」を入手するのが目標の1つです。

【昔NBAカードのHPやってました】(第2回) KJのレギ収集と「あの店はいま?」

昔、祖師谷大飯店というHPを開設してNBAカードを集めていました。その当時を振り返ります。
----------------
1996年にNBAカードを初めて、最初はKJ(Kevin Johnson)のレギュラーを集めました。レギュラーコンプといっても、スペイン版や「ケロッグのおまけ」とかは入手難なので、「メジャーメーカー(UpperDeck社、Fleer/SkyBox社、Topps社)の米国版」をコンプリの範囲としています

1998年/2000年の2回の引退までに発行されたKJのレギュラーは141枚。そのうち136枚(96%)を持っています。持ってないのは5枚です。(意外に簡単なカードを持っていません)

 1990-91 SkyBox 224B
  (SkyBox logo in upper right corner)
 1993-94 Finest 183
 1994-95 SkyBox Premium 131
 1997-98 Collector's Choice 309
 1997-98 SkyBox Premium 222


これらのKJレギュラーのほとんどは、カードショップでシングル買いしました。スポーツカードマガジン(ベースボールマガジン社)などでショップの場所を調べて雑居ビル巡りをしています。そんな当時行ったことがあるショップをHPに掲載していました。

90thshop.jpg

郵便番号3桁が混ざっているのが時代を感じさせます(郵便番号7桁化は1998年2月)。仙台と福岡のショップが混ざっているのはトレードでお世話になってた方の関係で行ったことはありません。東京/神奈川のショップは全て行きました。

 初めて入ったカードショップ
  :グランドスラム新宿
 初めてのシングル買い
  (KJの1993 Finest Ref)
  :クリスティーズ
 初めてのBOX買い
  (1996-97 UpperDeckシリーズ1)
  :ワールドスポーツプラザ
 定宿 :Red&Blue両国

あれから15年、これらの店はどうなっているのでしょうか?

【昔NBAカードのHPやってました】(第1回)リンクのページ

 TwitterでNBAカードをよく見かけます。みなさんの開封結果を見てるうちに、私もえびすでPRIZM開けたくなります。(笑)

 最近はシングルをeBayで落札する程度ですが、1996年から2004年ぐらいまではかなり本気で集めていました。当時は「ます爺」と名乗ってます。

 活動の中心は自分で開設した「祖師谷大飯店」というホームページです。ここで開封結果やトレード希望などをアップしていました。1997年当時はTwitterはおろかブログさえなかったので、ホームページ開設が情報発信の手段だったのです。個人でホームページを開設したコレクターの中では比較的早いほうだった思います。

 郵送トレード、カードショー、交換会、カードオフなど1000回以上のトレードをしていただきました。私のコレクションはトレードしていただいた方のおかげです。

 全然更新していませんが、当時のホームページはまだ残してあります。(URLは1度変わりました)。当時にアップしたコンテンツを少しずつ紹介していきます。

title.gif

 
---------------------------

第1回リンクのページ 「Cardリンク

 当時、ホームページを開設すると「相互リンク」を貼るのが慣わしでして、私のホームページにもコレクターの方々へのリンクがありました。数えると120サイトにリンクしています。このリンクを定期的に回っていって、トレードの交渉をしていたものです。

 ほとんどのサイトががリンク切れ/未更新となっている中、今年になって更新を続けてらっしゃるのが確認できたのは、4サイトありました。

 NBAの館 (1998年リンク) 管理人:アキローさん(@akiro_10

 青の咆哮-BLUE ROAR-(2001年リンク)管理人:Rさん

 CARDCOURT (2001年リンク) 管理人:須田さん

 MJ-Forever(現Nine Pocket Collection)(2003年リンク) 管理人:Jordan-Jokeさん(@JordanJoke23

末永く更新を続けてらっしゃる事に敬意を表します。

【次回予告】当時のショップリスト
 

ダッズそして「2010年」への想い

 ダッズがトレードでサンズを離れた。

 ダッズが来たのは2008年の12月なので在籍は4年半。来た時はリッチさんのトレードの「おまけ」だった。彼の良さに気づかされたのは翌シーズンのこと。2009年の12月にこんな文章を書いていた。

 去年の今頃にトレードでやってきたダドリー、昨シーズンはパッとしなかったが、今シーズンはプレイタイムを伸ばし(24.6分)、セカンドユニットの要となっている。このレイカーズ戦も、奴の姿が目についた。スチール、ロペスへのパス、バイナムへのブロック、そして4本中3本決めた3ポイント、中継で流れるハイライトシーンのリプレイにはいつも奴がいた。印象だけじゃない、3ポイント成功率の50.9%はリーグ首位だ。

 この「柄の悪い兄貴」に夢中である。


 セカンドユニット隊長とともに、夜番長としてチームメイトと町に繰り出しコート外でも活躍。その集大成が「甘美な2010年プレイオフ」である。このプレイオフではスパーズを4連勝で下し長年のサンズクラスタの鬱憤を晴らした。そしてドラ、バル坊、フライ、ルーと伴にセカンドユニット全員でヒーローインタビューを受けたのはカンファレンス・ファイナルのLAL戦(Game4)だった。その時の文章を引用する。

 試合後のNBA.com、トップページに「ダドリーとアムンドソンが吼える写真」があった。その瞬間に待ちわびていた「セカンドユニットによる勝利」が実現したことを知った。

Jared+Dudley+Louis+Amundson+Los+Angeles+Lakers+R12ncJ3ZTnox2.jpg

 フライ:14点、ダドリー:11点、ドラギッチ:8アシスト、バルボーサ:14点、アムンドソン:7リバウンド。それぞれが自分の役割をはたしてベンチで合計54点。試合後にはヒーローインタビューを5人並んで受けてた。

tumblr_l3h72crogN1qadfkro1_500.jpg

 この試合のハイライトは2Qのフライ。フライの3ポイントがようやく入り、1本決めたら4分で3本決めた。フライを信じて起用したジェントリー、フライを信じてパスを回し続けたチームメイト、そしてマスコミに叩かれながらも自分を信じたフライ、全員の信頼関係の結実である。

 チーム内のケミストリーは本物らしい。


 サンズの長所は、セルフィッシュな選手がいないということだろう。試合中、ジェントリーHCがバルボサに代えて先発のジェイソン・リチャードソンをコートに戻そうとした時、リチャードソンは波に乗るバルボサをプレイさせることを進言したという。ジェントリーHCは、「うちと他チームが大きく異なる点だと思う。我々はカレッジのようなチームだ」と、チームの協調性を称えた。(NBA.com日本)

 オフタイムでも仲が良く、ポートランドとの1stラウンドの最中にはみんなで映画(アイアンマン2)を観に行ったそうだ。これを報じた記事でも「カレッジ時代のようだ」というリチャードソンのコメントを見た。それだけ雰囲気がいいのであろう。

 「全員のサンズ」と「コービーのレイカーズ」。ファイナルにふさわしいのはサンズだ。


 このシーズンのキーワードは「ディフェンス」「セカンドユニット」「ケミストリー」の3つ。この3つを実現できたのはダッズのおかげである。残念ながらロンロンのティップでファイナルへの道は閉ざされたが、このチームは本当に良かった。プレイオフ中にナッシュはこう語っている。

 「今このチームでプレイするのがとても楽しい。世界最高の仲間達だと思う」(1st Round Game4前)
 「こんなに素晴らしい仲間に囲まれてプレーしたことはないよ」(Conf-Semifinal Game2後)


 そんな「世界最高の仲間達」はあっけなく解体してしまい今に至る。残っていたのはダッズ、ドラ吉、フライの3人のみ。出戻りのドラ吉、欠場のフライを考えると、実質上ダッズは最後の生き残りだった。これで「2010年」は終焉を迎えた。ダッズのことを書き始めたのがいつのまにか「2010年」に対する想いになってきた。ダッズの放出を期に彼らの存在の大きさに改めて気づかざれた。書いてて想いが溢れてとまらない。

 ダッズありがとう。そして「2010年」ありがとう。君達と過ごせて幸せだった。

 スティーブ「師匠」ナッシュ
 グラント「ヒル兄」ヒル
 ジェイソン「リッチさん」リチャードソン
 アマレ「STAT」スタウドマイヤー
 ロビン「ベンチでボックスアウト」ロペス
 ゴラン「ドラ吉」ドラギッチ
 リアンドロ「バル坊」バルボーサ
 ジェラルド「ダッズ」ダドリー
 チャニング「今日はフライが入る日」フライ
 ルー「ルールールルルー」アムンドソン
 ジャロン「コリンズ先生」コリンズ
 アール「当時は未覚醒」クラーク
 テイラー「兄」グリフィン
 ドウェイン「ごめん誰だっけ?」ジョーンズ
 
 

NBAドリームチーム LP(Legendary Player) Checklist

NBAドリームチーム LP(Legendary Player) Checklist
ver1.0 2013/5/10版


(1)冒頭の「○/×」は管理人の選手名鑑の有無です(○:選手名鑑あり ×:選手名鑑なし)
  その後は「選手名、チーム、ランク(SS,S,A)、備考」です。csv形式なのでExcelで読めます。

(2)自作であり誤りがあったらご容赦ください。
 
(3)誤記、過不足は本ページのコメントで教えてください。
  特に、マジック、シャック、アイバ、ムトンボ等の「複数種ある選手」が自信がありません。
  更新は不定期です。


NBA Dream Team LP(Legendary Player) Checklist by sunsfever

管理人名鑑,選手,チーム,ランク,備考
○,BJアームストロング,ブルズ,S,
×,アイザイア・トーマス,ピストンズ,SS,
○,アキーム・オラジュワン,ロケッツ,S,
×,アキーム・オラジュワン,ラプターズ,S,
×,アキーム・オラジュワン,ロケッツ,SS,
○,アラン・ヒューストン,ニックス,S,
○,アレン・アイバーソン,シクサーズ,A,
○,アレン・アイバーソン,シクサーズ,S,
×,アレン・アイバーソン,シクサーズ,SS,
○,アロンゾ・モーニング,ヒート,S,
○,アロンゾ・モーニング,ホーネッツ,A,
×,アロンゾ・モーニング,ヒート,SS,
×,アンソニー・メイソン,ニックス,S,
○,アンファニー・ハーダウェイ,マジック,S,通称「白ペニー」
○,アンファニー・ハーダウェイ,ヒート,S,通称「黒ペニー」
×,ウィル・パデュー,ブルズ,S
○,エイドリアン・ダントリー,ピストンズ,A
○,エイブリー・ジョンソン,スパーズ,S
○,エディー・ジョーンス,レイカーズ,S
×,エルデン・キャンベル,レイカーズ,S
×,エルデン・キャンベル,ピストンズ,S
○,カール・マローン,ジャズ,S
×,カール・マローン,レイカーズ,S
○,クライド・ドレクスラー,ブレイザーズ,S
○,クライド・ドレクスラー,ロケッツ,S
○,クリス・マリン,ペイサーズ,S
×,クリス・マリン,ウォリアーズ,S
○,クレイグ・ホッジス,ブルズ,S
○,グレン・ライス,ヒート,S
○,グレン・ライス,レイカーズ,S
×,グレン・ライス,ホーネッツ,S
○,ゲイリー・ペイトン,サンダー(ソニックス),S,通称「レイアップ」
×,ゲイリー・ペイトン,サンダー(ソニックス),S,通称「しゃべくり」
○,ケビン・ジョンソン,サンズ,S,
○,ケリー・トリプカ,ピストンズ,A,
○,サム・キャセール,ウルブス,S,
×,サム・キャセール,セルティックス,S,
○,サム・キャセール,バックス,S,
○,ジェイレン・ローズ,ペイサーズ,S,黒ユニホーム
○,ジェイレン・ローズ,ペイサーズ,S,白ユニホーム
×,ジェームズ・ウォージー,レイカーズ,S,
○,シャキール・オニール,セルティックス,S,通称「白シャック」
○,シャキール・オニール,マジック,S,通称「黒シャック」
×,シャキール・オニール,レイカーズ,SS,
×,シャキール・オニール,レイカーズ,SS,イベント
○,ジョー・デュマース,ピストンズ,S,
×,ジョー・デュマース,ピストンズ,SS,
○,ショーン・ケンプ,サンダー(ソニックス),S
○,ジョン・サリー,ピストンズ,A
○,ジョン・スタークス,ニックス,S
○,ジョン・スタークス,ジャズ,S
○,ジョン・ストックトン,ジャズ,S
○,ジョン・パクソン,ブルズ,S
○,ジョン・ロング,ピストンズ,A
○,スコット・ポラード,キングス,S
○,スティーブ・スミス,ホークス,S
○,スパッド・ウェブ,ホークス,S
○,ダグ・クリスティ,キングス,S
○,ダグ・クリスティ,クリッパーズ,S
○,ダニー・エインジ,セルティックス,S
○,ダン・マーリー,サンズ,A
○,ディケンベ・ムトンボ,シクサーズ,S
○,ディケンベ・ムトンボ,ロケッツ,S
×,ディケンベ・ムトンボ,ナゲッツ,S
○,ティム・ハーダウェー,ヒート,S
○,デニス・ロッドマン,ピストンズ,SS
×,デニス・ロッドマン,ブルズ,SS
○,デビット・ロビンソン,スパーズ,S
×,デビット・ロビンソン,スパーズ,SS
○,テリー・ポーター,ブレイザーズ,S
○,トニー・クーコッチ,ブルズ,S
×,トニー・クーコッチ,バックス,S
○,ドミニク・ウィルキンス,ホークス,S
×,パトリック・ユーイング,ニックス,S
×,パトリック・ユーイング,ニックス,SS
×,パトリック・ユーイング,マジック,S
○,ビニー・ジョンソン,ピストンズ,S
×,ビル・カートライト,ブルズ,S
○,ビル・レインビア,ピストンズ,SS
○,フィル・ジャクソン,ニックス,S,
○,ブライアン・ショウ,レイカーズ,S,
×,ブラデ・ディバッツ,キングス,S,
○,ブレント・バリー,クリッパーズ,S,
○,ペジャ・ストイコビッチ,キングス,S,
×,ホーレス・グラント,ブルズ,SS,
×,ホーレス・グラント,レイカーズ,S,
○,マーク・アグワイア,ピストンズ,A,
○,マーク・ジャクソン,ニックス,S,
○,マーク・プライス,キャブス,S,
×,マイケル・クーパー ,レイカーズ,S,
×,マグジー・ボーグス,ホーネッツ,S,
○,マジック・ジョンソン,レイカーズ,SS,招待
×,マジック・ジョンソン,レイカーズ,SS,イベント
○,ミッチ・リッチモンド,キングス,S,
×,ミッチ・リッチモンド,レイカーズ,S,
×,モーゼス・マローン ,シクサーズ,S,
×,ヤオ・ミン,ロケッツ,SS,
○,ラリー・ジョンソン,ニックス,S,
×,ラリー・ジョンソン,ホーネッツ,S,
×,ラリー・バード,セルティックス,SS,
×,ラリー・バード,セルティックス,S,
○,ランディ・ブラウン,サンズ,S,
×,ランディ・ブラウン,ブルズ,S,
○,リック・スミッツ,ペイサーズ,S,
○,リック・マホーン,ピストンズ,S,
○,ロバート・オーリー,レイカーズ,S,イベント
○,ロバート・オーリー,レイカーズ,S,招待
○,ロバート・パリッシュ,ブルズ,S,
×,ロバート・パリッシュ,セルティックス,S,
○,ロン・ハーパー,ブルズ,S,
○,ロン・ハーパー,レイカーズ,S,
  
■管理人■
 
(1)チーム名
 sunsfever
 
(2)収集傾向
 「サンズ系(OB含む)」「LP」
 サンズ籍だけでは弱いので、アマレ等のサンズOBの力を借りています。
 選手名鑑のLPをできる限り埋めたいと思っています。コンプリは不可能なので、無理せずにじっくりやります。

(3)最近欲しいもの
 マグジー
 ディバッツ
 不要S
  

Appendix

プロフィール

sunsfever

Author:sunsfever
 
 フェニックス・サンズ・フィーバーの「SUNS NEWS(サンズ情報)」がブログになりました。NBAのPhoenix Sunsへの思いを綴ります。
  かつては祖師谷大飯店というNBAカードのページもやっていました。
 Twitterと併せてご賞味ください。

Twitter

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR