Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sunsfever.blog130.fc2.com/tb.php/54-ea2c58e2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「エアメールオート」と「えびすストレージボックス漁り」

  しばらく前ですが、えびすスポーツカードさんでストレージボックス漁りを楽しみました。えびすさんのストレージボックスの充実さには脱帽で、あっという間の3時間。主目的はサンズのレギュラー捜索でこれは後述します。

1.ストレージボックス漁り

(1)未保持のRC

2015-02-11201544.jpg

 ペニーRCの「1993-94 Upper Deck Pro View」をゲットしました。かなり前からベケットにも未掲載のブランドで、「Pro Viewはないだろう」と思ってたらあってビックリ。1999年にペニーが来てからRC収集を開始し、15年の時を経て全10種がコンプリしました。

 1997-98ぐらいまではブランド数もショートプリントも少なく、誰でもRCコンプが可能でしたが今は難しいですね。私の財力では1999-00のマリオンRCコンプ(全37種)が限界でした。フィンリーの「1995-96 Stadium Club」を募集中です。

 当時集めたRCはここで紹介しています。

(2)KJの未保持レギュラー

 KJ(ケビン・ジョンソン)は以下の条件でレギュラーコンプリを目指しています。
  ・メジャーメーカー(UpperDeck社、Fleer/SkyBox社、Topps社)の米国版
  ・引退までに発売されたもの(2000-01 Upper Deck MVPまで)

 条件に合致するのが141枚で、長らく未保持が残り5枚でした。これがえびすさんで3枚入手。どれも珍しいカードではなく、持ってなかったのが不思議です。FINESTに至ってはリフだけ持ってました。

2015-02-11201744.jpg


 コンプリに向けて残るは以下の2枚です。
   ・1990-91 SkyBox 224B
   ・1994-95 SkyBox Premium 131

 難関は「1990-91 SkyBox 224B」です。SkyBox社のロゴが「右下(lower right corner)の224A」と「右上(upper right corner)の224B」の2種が存在し、持っていないのは数が少ない224Bです。もともとケロッグ/STAR/コレチョイ海外版などはは対象から除外しているので、こんなエラーカード?はコンプリ対象から除外してもいいのですが、コンプリが簡単なのもつまらないので残してあります。

(3)サンズレギュラー

 今回のストレージ漁りの主目的です。サンズのレギュラーを数枚発掘し、買ったカードはこんな風に使いました。

2015-04-14223655.jpg


 Luke Zellerのカードにサインを書いてもらいました。彼はメーカ製オートが存在しないので至福の1枚です。サインを書いてもらった方法を紹介します。

2.エアメールオート

 文字どおり、エアメールで入手するオートです。エアメールオートは造語で、TTM (through the mail)が正しい表現だと思われます。ファンレターに返信をもらう形式です。この形式で過去に100枚以上入手しています。

 「ファンレター、サイン用カード、SASE」の3点を送ります。SASEは「self-addressed stamped envelope」の略で「自分宛て(日本宛て)の住所を書いた切手付封筒」のことです。

 ファンレターに「よろしければサインを書いてSASEで送り返してください」と書いて、読んだ相手がサインを書いて返送してくれる流れです。

 無論、必ず戻ってくる訳ではありません。10年前は結構戻ってきましたが、年々確率が落ちています。所属チームに送ったのに「宛先不明」で戻ってくるケースも増えました(ファンレターは受け取り拒否していると思われる)。

 ポイントは「切手の入手」と「宛先の選定」の2点です。

 SASEに貼る切手は相手国の切手(国際郵便料金)である必要があります。米国の場合エアメール料金はUSPS(United States Postal Service)のHPで調べられます。(2015年4月時点で$1.15)。USPSが米国切手をebayに出品しているので切手の入手は楽になりました。

 ファンレターの宛先は現役選手なら所属チームとなります。引退しててもコーチ(カレッジ含む)をしていれば宛先は所属チームなので簡単です。逆にコーチをしていない引退選手の宛先を探すのが醍醐味です。GoogleやWikipedia、Facebookアカウント、Twitterアカウントなどから「住所の片鱗」を探し出します。Luke Zellerの場合は、Twitterアカウントから「ゼラー兄弟財団」を主催していることを発見し送りました。

 1年以上経ってから戻ってくる場合もあるので気長に待ちましょう。この辺はレデンプションに似てます。

 去年から「サンズ歴代全選手のオート」を集めていますが、メーカー製オートで集められる選手は限界があり、再びエアメールオートに力を入れています。カードを持っていない選手には自作のカードを送っています。返ってきたカードはブログで紹介する予定です。過去に戻ってきた選手の一部はここで紹介しています。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sunsfever.blog130.fc2.com/tb.php/54-ea2c58e2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

sunsfever

Author:sunsfever
 
 フェニックス・サンズ・フィーバーの「SUNS NEWS(サンズ情報)」がブログになりました。NBAのPhoenix Sunsへの思いを綴ります。
  かつては祖師谷大飯店というNBAカードのページもやっていました。
 Twitterと併せてご賞味ください。

Twitter

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。